ツールホルダー

過去数十年に渡り、切削工具の設計と技術は大きく進歩してきました。 それに比べ、ツールホルダーやツールボディーの開発は遅れをとっていました。 ASSABのツールホルダーコンセプトは、この状況を変。

ドリル、フライスや旋盤などの厳しい作業条件を考慮し、業界トップの工具メーカーと協力して開発した当社のツールホルダーコンセプト鋼は、高品質で機械加工し易く、ツールホルダー用材料としての要件を満たす新しい製品です。

このツールホルダーコンセプトは、高温における強度、耐久性、そして機械加工性に関する要件を満たす新世代の特殊鋼で構成されています。

ツールホルダーの材料費は、全体の生産コストのわずか6-10%ですが、機械加工は全体のコストの最大65%を占めることがあります。ツールホルダーに関連する重要な課題は、非常に高い動的応力と高温(最高600°C)に曝されることによる疲労です。

ASSABのツールホルダーコンセプトは、お客様のコストパフォーマンスを改善します。コンセプトとして考えられることは、最適なツールホルダー用鋼種と最良の切削工具を組み合わせることです。 ツールホルダーに使われる鋼種は、機械加工がし易いため、工具のボディーとチャックの製作にかかる時間を大幅に削減することができます。

Balderは新しいプリハードン・ツールホルダー用鋼として注目されています。優れた機械加工性機と機械的性質を組み合わせたミーリングカッターに最適な工具鋼です。