射出成形

射出成形は、加熱し軟化した熱可塑性樹脂または熱硬化性材料に高い圧力をかけ、相対的に温度が低い金型 のキャビティに射出し、成形する方法です。用途に適した金型用鋼を選ぶことは、金型の性能と全体的な生産コスト効率を上げる上で重要な役割を果たします。

高品質のプラスチック金型に求められる特性は、優れた磨き性、耐食性、耐摩耗性、耐割れ性と熱伝導率です。

これらの厳しい要求に対応するASSABのソリューションには、 Stavax ESR, Mirrax ESR, ASSAB 8407 Supreme (Orvar Supreme), Vidar 1 ESR, Unimax および Mirrax 40, Nimax, ASSAB 718 HH (Impax HH) などのプリハードン鋼があります。さらにベリリウム銅合金も揃えています。高い熱伝導率を誇るこの材料は、サイクルタイムを大幅に低減し、製品の品質を向上させます。

Vidar 1 ESRは、特に優れた表面品質が求められる大型の金型に最適です。表面は磨きまたはエッチングで仕上げ、自動車の照明装置に最適な材質として高く評価されています。優れた耐摩耗性が要求される用途には、ASSABはプラスチック成形品に適した粉末鋼種も幅広く揃えています。

AM Corrax
ASSAB 718
ASSAB 8407 SUPREME
Coolmould
CORRAX
Dievar
Elmax SuperClean
Mirrax ESR
Nimax ESR
Polmax
Royalloy
Stavax ESR
Tyrax ESR 品カタログ
Vanax SuperClean