コンプレッション成形

圧縮成形は、主に熱硬化性成形に用いられる技術で、成形部品を金型の凹部(キャビティ)に入れ加圧した後硬化させます。材料が硬化するまで加熱・加圧します。圧縮成形方法 は、ガラス繊維強化の成形品によく用いられます。

この成形技術は、ガラス繊維強化部品や高圧がかかる部品の成形に用いられます。 耐摩耗性、強度および硬さは、金型材料に欠かせない特性です。

圧縮成形には次のさまざまなメリットがあります。

 

  • プラスチック材料の無駄がない(ゲートやランナーシステムがない)
  • 部品の内部応力を低減できる
  • 重量のある大型部品にも適用できる
  • 高価な設備を必要としない

この成形法に適した製品は、ASSAB 8407 Supreme, Unimax, ASSB XW-10, Vanadis 4 Extra SuperClean、およびStavax ESR, Mirrax ESR や Elmax SuperCleanなどのステンレス鋼です。

AM Corrax
ASSAB 2083
ASSAB 8407 SUPREME
ASSAB 88
ASSAB PM 23 SuperClean
ASSAB 工具鋼の性能比較表
Caldie
Calmax
CORRAX
Dievar
Elmax SuperClean
Mirrax ESR
Stavax ESR
Tyrax ESR 品カタログ
Vanadis 4 Extra SuperClean
Vanax SuperClean
Vidar 1 ESR