次世代のための持続可能な熱間成形ソリューション

SKOLVAR

熱間成形用の金型材料を選択する際の主な課題の1つは、熱間加工時の耐摩耗性を維持することです。高い接触圧がかかり高温になる金型表面は、著しく摩耗し、最終製品の寸法精度の低下につながる可能性があります。AISI H13 や H11 などの一般的な工具鋼は、熱間成形中に生じる摩耗に対する特性は備わっていません。AISI D2などの高合金の鋼種は、生産サイクルが長くなる場合の高温安定性は期待できません。高温に長時間さらされた際に生じる軟化によって、硬度、強度、および耐摩耗性が低下する可能性があります。軟化を回避するには、合金元素を使用することが重要です。熱間加工時の強度は変形に耐えるために不可欠ですが、Skolvarはその特性によって熱間成形中に強度が低下するのを避け、生産効率を高め、高品質な金型の補修コストを削減します。

Skolvarは、自動車、航空宇宙、エネルギー、医療など、さまざまな熱間成形用途に理想的な材料です。

Please use a browser that is not outdated.

You are using an outdated web browser.

Errors may occur when using the website.