ホットスタンピング

これまで、重要な構造部品を高強度の鋼材で製造する工法は、冷間成形が一般的な方法でした。 新たにホットスタンピングが登場し、このプロセスに使われる工具鋼の需要が高まっています。

加熱した鋼板を金型内で素早く成形・硬化することで、高強度の大型複雑部品の製造が可能になります。 一方、金型に使う工具鋼には厳しい要件が求められます。例えば、必要な温度で高い機能を得るために、工具鋼には優れた熱伝導率、熱間降伏強さ、靭性・延性が求められます。

ASSABは、これらの要求に対応する次のソリューションを提案します。QRO 90 Supreme, Unimax, Dievar および ASSAB 8407 Supreme (Orvar Supreme)。 安定した性能を発揮し、より長い連続生産、サイクルタイムの短縮や高品質の最終製品が期待できます

ASSAB 8407 SUPREME
Dievar
QRO 90 Supreme