冷間圧延

金属部品を冷間で製造する方法は多々あります。打抜き、成形、せん断、冷間鍛造、冷間押出、粉末圧縮、冷間圧延などです。 冷間圧延に最も一般的な鋼種は、D2 (DIN 規格 1.2379, JIS SKD 11) タイプの溶製鋼であるASSAB XW-42です。 ASSABは、破壊メカニズムに合わせさまざまなソリューションを提案しています。

圧延は、金属を圧延する際の温度によって分類されます。 シート、帯鋼、棒やロッドは冷間圧延材の例です。 一般的に冷間圧延材は、熱間圧延材に比べ、断面が小さく、高強度です。 冷間圧延加工には、四段圧延機またはクラスタ型圧延機が必要です。 しかし、冷間圧延では1回のパスで熱間圧延ほど厚さを減らすことはできません。

圧延ロールに最適な鋼材を選ぶことが重要です。成形方法だけでなく、ワーク材および生産予定量に適した鋼材を選ぶことが重要です。冷間圧延は金属の成形に使われる方法のひとつで、1組以上の回転するロールの間に金属材料を通過させ、指定の量だけ圧下し、厚さを均一にする加工法です。靭性に優れた工具鋼が適しています。

ASSAB 88
ASSAB PM 23 SuperClean
ASSAB PM60 SuperClean
ASSAB XW-10
ASSAB 工具鋼の性能比較表
Caldie
Calmax
Vanadis 4 Extra SuperClean
Vanadis 8 SuperClean
Vancron SuperClean 品カタログ