冷間成形

金属シートの成形は、自動車や家電製品などの製造に幅広く利用されています。 新しいシート材は要求が高く、ツーリングソリューションにとっては新たな挑戦となります。 これがASSABが知識、材料および真のコミットメントの上で常に一歩先を行くことを目指している理由です。

曲げ加工

曲げ加工は、最も一般的な成形方法のひとつで、1つの曲げ軸の周りで材料を変形させて成形する方法です。用途に適した鋼材を選ぶ場合は、主にワーク材の種類、強度、厚さおよび部品の複雑さによって決まります。 軟質材 (≤300 HB) に曲げ加工をする場合、主要な破壊メカニズムは、引掻き摩耗および凝着摩耗です。 硬質材(>300 HB)の場合は、引掻き摩耗、凝着摩耗、焼付きおよび塑性変形です。

 

プレス成形

プレス成形は、板材から打ち抜いたあるいはせん断されたシートに形状やフランジあるいは浅い溝を形成する加工法です。

軟質材 (≤300 HB) のプレス成形の場合、主要な破壊メカニズムは引掻き摩耗および凝着摩耗です。 硬質材(>300 HB)の場合は、引掻き摩耗、凝着摩耗、焼付きおよび塑性変形です。

ASSAB 88
ASSAB DF-3
ASSAB PM 23 SuperClean
ASSAB PM30 SuperClean
ASSAB PM60 SuperClean
ASSAB XW-10
ASSAB XW-42
ASSAB 工具鋼の性能比較表
Caldie
Calmax
Unimax
Vanadis 4 Extra SuperClean
Vanadis 8 SuperClean
Vancron SuperClean 品カタログ